二次会コンシェルジュ〜受付を頼まれたら・・・?

受付係をお願いされたら・・・?

受付係をお願いされたら・・・?

受付とは、2次会や披露宴などの入り口で、お金などを受け取る係。
何故か友人にお願いするのが通説となっています。
とはいえ、受付とは大金を預かる大役。
マナーや作法もあるし、なかなか難易度の高いオシゴトなんです。

ここでは受付の流れからマナー、あると便利グッズなどを紹介します。
スムーズに受付してくれる女性は、はっきり言ってポイント高いです、よ。

受付係のマナー、受付のオシゴト

2次会の受付は、披露宴などよりはぐっとカジュアルでOK。
でも、行う作業は同じく、大金を預かる大切な仕事となってきます。

● 受付の仕事
受付は、最低でも2名以上で行うとスムーズです。
一人では、一度にたくさんやってきたゲストをさばききれません。
あらかじめ役割分担も決めておきましょう。

【案内・挨拶役】 挨拶をして、配布物を渡し、席などの案内をする係
【会費役】 会費を預かり、管理する係

● 事前に確認しておきましょう
何といってもお金を扱うオシゴト。
あらかじめきちんと確認して、トラブルのないようにしましょう。

・会費など金品の保管方法、誰が管理するのか?誰に渡すのか、など
・簡単な席次(やってきたゲストに聞かれることが多いです)
・当日欠席の際の扱い(何時まで待つか?など)

● あると便利!な受付グッズ
【ゲストブック】(出欠を確認していきます)
【筆記用具】(ゲストに名前を書いてもらう、など)
【お金を保管できる小さな金庫、入れ物】
【千円札・100円玉】(おつり用にあらかじめ準備しておきましょう)

特にあると便利なのが、名前シール!!
これは、新郎新婦にプレゼントを持ってきた方用のもの。
その場で名前を書いてプレゼント自身に名前を貼り付けておきます。
これで後から「これ、誰からのプレゼントだったの??」なんてトラブルがさけられます。

受付のオシゴトの流れ

@ ゲストが来られたら「(お忙しい中)ご出席ありがとうございます。」と一礼と共にご挨拶 。
ゲストが受付にいる間は立って応対しましょう。

   ↓

A 「会費○円をお願いいたします。」と言って会費をいただきます。
必要な場合は名前を記入してもらいます。

   ↓

B 配布物を配り、簡単なパーティの説明を。

   ↓

C ゲストブックをチェックし、出欠の状態を確認。

   ↓

D ゲストが全員揃ったら、又は受付時間が終了したら、一体受付をクローズします。
お金はまとめて管理係さんへ。