新郎新婦サイドから見る二次会の会費

新郎新婦サイドから見る二次会の会費

パーティの費用・予算

結婚式の二次会、主役である新郎新婦はノータッチ、祝ってもらうだけ!!
・・・というのはもう昔の話になろうとしています。

自分たちを祝ってくれる大切なゲストのため、新郎新婦がアイデアを出したり、 自分たちの「こだわりのお店」や「食事」、「プチギフトの準備」などなど・・・
二次会は徐々に、披露宴に近いものになりつつあります。

それに伴い、新郎新婦の二次会に関する「出費」も増える傾向に。

結婚式をした後に予想外の出費(二次会費用)が!?
なんてことにならないよう、
事前にしっかりとパーティについて考えておく必要がありそうです。

ゲストさんの「2次会のどこに不満を感じましたか?」のアンケート結果

左の表は
二次会費用、新郎新婦からの出資はありましたか?
についてのアンケート結果です。

どんな費用に?に対しては
・幹事さんへのお礼(お礼金・食事会を開く)がダントツで、
次いで
・ゲストへのプチギフト・お車代
などを準備される新郎新婦も増えているようです。
なかには・・・
・会場費を新郎新婦で負担、なんて人たちも!!

二次会費用、まかないきれなかった部分は、新郎新婦が負担すべき!?

二次会は徐々に披露宴に近いパーティへと変化しつつあります。
本来の二次会とは、結婚式に出席しなかった友人たちが、 友達どうしで集まって新郎新婦を祝い会だったのですが、 最近では新郎新婦主宰の二次会、なんてのも増えています。

パーティの内容も、始まりはただの飲み会の席。
それが昨今では、疑似披露宴!?と思われるような派手な演出や余興がメインとなったり、
ホテルなどの特別な会場を貸し切ったパーティだったりと・・・
内容も年々グレードアップ。

勿論、二次会にかかる費用も年を重ねるごとに増える傾向にあります。

そんな時気になるのが・・・
二次会費用、会費でまかなえなかった部分は、新郎新婦が負担すべきか?という問題。

会費制のパーティ、通常は会費の中できっちり収めるべきことですが、
予定していた人数が揃わない・・・トラブルが起こった・・・などの際、
マイナス分のお金は誰が補てんするのか?は、後々大きな問題になるケースが多いです。

新郎新婦はいわばゲストサイド、本来ならばお金を出す必要はありません。
しかし、以下のような場合にはマイナス分の負担を申し出るようにしましょう。

二次会費用、まかないきれなかった部分は、新郎新婦が負担すべき!?

・出席予定だったゲストの予想外の欠席
・自分たちが希望した会場・食事に対する増加分

上記のような事態が起こらないためには、新郎新婦自らもゲストの出欠確認をする、 メールなどでこまめに連絡を取り合うようにして、トラブルを回避。

又、お金に関するトラブルはセンシティブな問題。
必ず事前に幹事さんと話し合いを詰めておくようにしましょう。

幹事さんにはやりくり上手を!

新郎新婦が二次会費用を負担する、というのは、いわば最終手段。
出来れば会費内でパーティを運営してほしいもの。
そうなると・・・
幹事さんには「やりくり上手さん」を抜擢するようにしましょう。

お金のやりくりや段取りチェック、お店やゲストへの連絡がこまめに出来る人にお願いすれば、
少ない会費でも楽しい・喜ばれるパーティにすることができるはずです。
幹事さんの中に、「会計係」さんのような役目の人を置いておくことも◎。

詳しくは・・・

幹事さんを選ぼう編

もご覧ください。