二次会コンシェルジュ〜オシャレでマナー違反にならない!二次会の招待状・案内状

2次会の招待状・案内状

2次会の招待状・案内状

2次会の招待状や案内状。
通常は幹事さんが担当して行う初めての作業。
面倒だし、失敗は許されないし・・・コストもかかってしまうもの。
幹事さんにとっては、憂鬱なオシゴトかもしれません。

最近では、2次会の招待状・案内状も新郎新婦さんから出すケースも増えているよう。 又は、幹事さんと共同で製作したり、案内状に一筆入れるマメな新郎新婦さんも・・・

そう、招待状・案内状は2次会の顔、第一印象を決める大切なものなのです!!「ちょっと失礼な招待状だな・・・」と思われるより、「ステキな案内状!2次会当日も期待できそう♪」って思ってもらえるものにしたいですよね。

2次会の招待状・案内状、メールで済ませる・・・?

近年、携帯電話の普及により、離れた相手への連絡は格段に進化してきました。
メールを使えば一発で2次会の日程や場所、会費などが伝えられる・一斉送信で お金もあまりかからない・・・

そんな理由で2次会の招待状や案内状はメールで済ませるという人が増えています。

でも、実はこれ、ゲストの方からは大変不評。
「なんだか味気ない」
「適当な感じがする」
などなど、まだまだ受け取る側には抵抗があるようです。
特に「スピーチをメールで依頼された!」などには怒りの声も。
2次会で余興やスピーチ、受付をしてもらう人には、出来ればメールだけでなく、 電話や招待状に一筆添えるなどの配慮を。

招待状・案内状の節約術

とはいえ、幹事さんや新郎新婦サイドから考えると、この招待状・案内状はコストのかかる頭の痛い問題。
出欠確認のための返信用ハガキや地図を入れた封筒タイプの招待状など・・・
通信費はバカになりません。

そんな時は、出欠の確認をメールで行い、出席の方にのみ案内状を送付すると、 コスト削減が可能です。

まずは、ゲストへ2次会の日程、時間、場所、会費などを書いた出欠確認のメールを一斉送信。
(この場合、最初のメールは新郎新婦から行うとスムーズです。)
「出席します」と連絡をくれた方にのみ、二次会の案内状を送付する。
こうすることで、返信はがきが不要で、コストは大幅に削減できます。

「今すぐには返事できない」というゲストさんのために、披露宴同様、「○月▽日までに回答ください」としておけば、安心。あらかじめ定めておいた期日の翌日頃に再度出欠確認のメールをしてみましょう。

QRコードでスマート案内状!!

次ページ【スマートな招待状・案内状を作成♪】で詳しくご紹介しますが、 QRコードを活用することで、さらに通信費を節約可能。

二次会の案内状はできればハガキで済ませてしまいたい。
でも、会場の地図を入れようと思うと、地図が小さくなったり、高画質で印刷しなくては 地図が見えなかったりして、意外とコストがかかってしまうもの。
でも、地図が不親切な案内状は、ゲストの不満へもつながってしまいます。

そこで、QRコードを活用!
無料でQRコードを作成してくれるサイトにて、二次会会場のQRコードを作成。
QRコードだと場所をとらず、ハガキサイズの案内状でも十分に情報を伝えることができます。
QRコードが入ってると、「なんか本格的な案内状!」と感心してもらえるかも!?

喜ばれる招待状・案内状

ゲストに喜ばれる、幹事さんの負担にならない招待状・案内状のマナー・アイデアは・・・

● 招待状・案内状は幹事さんに任せっきりにしない

二次会は幹事さんお任せのパーティ。新郎新婦は何もしない!
・・・というのが通説です。
しかし、最近の「気のきく」新郎新婦さんの多くが、招待状・案内状は幹事さんに任せっきりにせず、 自分たちもお手伝いをする、というのが新マナー。

特に名前や住所の確認など、間違いチェックなどは進んでお手伝いをするようにしましょう。
幹事さんの、二次会への「やる気」につながります。

喜ばれる招待状・案内状

● 来てくれるゲストに・・・手書きの一筆

招待状がパソコン作成のみでやってくると、なんだか味気ないもの。
そこで、新郎新婦から一筆加えた招待状・案内状が増えています。
「久しぶりに会えるの楽しみにしています!」などの短い手書きの一文があると、 招待状がぐっと温かみのあるものに。

次のページでは・・・「招待状・案内状の例文」も紹介しています。