幹事さんのホンネ・楽しい2次会/ちょっと嫌だった2次会

幹事さんのホンネ!  楽しかった2次会/ちょっと嫌だった2次会

会費と食事・・・ゲストのホンネ

幹事さんといえば、2次会で最も忙しい役回り。
とはいえ、パーティが成功して皆に喜ばれれば、頑張った分報われるというもの。
でも・・・ わかっていたことだけど、こんなにしんどいとは・・・
全然報われなかった・・・
なんて、悲しいキモチでパーティの終演を迎えた幹事さんも。

理由は様々ですが、一番大きいのは「どんなに幹事さんが大変だったのか」を知らないゲストさん・新郎新婦さんが 意外に多い、ということ。
影で準備をしているのも知らないし、そもそも2次会を開催するのがこんなに大変なんだ!!ってことは ゲストさんには伝わっていないものなのです・・・

加えて、初めて幹事さんという大役を経験する、という人はとても多く、 逆に幹事さんの経験があって手際良い幹事さんというのはとても少ないもの。 司会がつまってしまっても・・・ダンドリが悪くても・・・ もしも幹事さんのやる気が見える会だったら、是非多めに見てあげるようにしましょう。
ゲストのみなさん、新郎新婦さん、幹事さんには、ねぎらいの気持ちを持って接してあげましょう!!

幹事さんの・・・【2次会、ここが嫌だった!!】

幹事さんを経験した人へのアンケートでは、 自分たちが取り仕切った会での不満が沢山綴られていました。

幹事さんの【ここが不満!!】 当日のドタキャンが多すぎ!来ない人の会費は自腹で精算しました

幹事さんの【ここが不満!!】 全部まかせっきりの新郎新婦!相談があってメールしても返事はなし。
  忙しいのはわかるけども・・・

幹事さんの【ここが不満!!】 移動をお願いしてもダラダラ、のゲストさんのかちーんときた!!
  うちらも新郎新婦の友人!もうちょっと協力してくれー!!

などなど。
聞いてくれるなら、なんぼでもあるよ!!と言わんばかりの幹事さんの不満。 中には・・・

幹事さんの【ここが不満!!】 一緒に幹事を任された人に不満!
 当日司会をかってでただけで、後の準備に全く顔を出さず!
 ダンドリのわからない部分は「準備した者の不手際で・・・」なんて言いやがる!!

などなど、怒り爆発の幹事さんまで。

いずれの内容も周囲の幹事さんに対する気配り不足が原因のように思えます。
幹事さんとはいえ、披露宴や挙式の際の会場のスタッフさんとは違います。
多くの場合が善意で、自分たちの時間を費やして会を盛り上げてくれようとしてくれています。
そのことを少し理解してあげれば、幹事さんの不満は解消されるのではないでしょうか。

幹事さんに不満を感じさせないコツ

幹事さんにだって、気持ちよく会を取り仕切ってもらいたい!
折角だから楽しい気持ちになってほしい!
そう感じたら、こんなポイントに気をつけてみましょう。

幹事さんの不満を満足に変える!! 2次会の準備になるべく顔を出す

最近、2次会の準備にもしっかり顔を出す新郎新婦さん、増えています。
ただでさえ挙式・披露宴の準備で忙しい新郎新婦さんですが・・・
一緒に準備に顔を出すことで一体感も生まれ、自分たちのイメージする会に近づけることができます。
また、幹事さんたちの集まりの出席率も格段とアップ、やる気もするようです。

幹事さんの不満を満足に変える!! 出欠の確認はしつこい位に!

2次会の招待状を出して出席の返事が来たから安心!してはいけません。
面倒でも、何度か確認をするのをおススメします。
特にメールなら一斉送信するだけ。手間もかかりません。
「2次会も3日後と迫ってきました。体調は崩していませんか?予定通り出席でOKですか?」
「いよいよ明日となりました。急な予定などで欠席される場合も会場側へキャンセル料を支払わなければなりません。 予定変更の場合は本日中に○○宛てにご連絡くださいね!」
などなど、急な欠席はキャンセル料金が発生するし、困るからね!という事情を伝える内容で確認を取りましょう。

出席人数の変更などにより予算が足りなかった場合、幹事さんが自腹を切る、というケースは少なくありません。
そういったことのないよう、万全の対処で臨みましょう。

幹事さんの不満を満足に変える!! 謝辞に幹事さんへのお礼も加える!

謝辞とは、パーティの最後を締めるあいさつの言葉。
多くが新郎新婦から集まってくれたゲストへ対してのお礼の気持ちを込めた言葉です。
ここに幹事をしてくれた人の名前を担当してくれた内容を添え、お礼を述べましょう。
出来ればゲストのみなさんにも拍手をお願いして。
幹事さんは、その行為1つですごく報われた気持ちになるもの。
特に裏方で頑張ってくれた人も忘れずに。

パーティの食事に不満を持たせないコツ

幹事さんの不満を満足に変える!! お疲れ会を開く

後日、幹事さんにはお疲れ会を開いてあげましょう。

その日一緒に頑張った幹事さん同士も、その後は会う機会がない
・・・なんてことも。
一緒に頑張った日々を再確認したり、
新郎新婦からの感謝の気持ちを伝える会を開きましょう。

食事会などを開くのが難しい場合は、サンキューカードやお礼の手紙などを送るなどの気配りを。